多くの経営者は、会社設立後に法人口座の開設を行うでしょう。開設義務があるわけではないのに、多くの経営者が法人口座を開設するのにはそれだけの理由があります。ここでは、法人口座とはどのようなものなのか、また、金融機関の選び方をお伝えしていきます。

法人口座にはどんな特徴があるの?

法人口座とは?

法人口座は金融で開設する口座の名義が個人ではなく、団体や会社名になっているものを指します。会社を設立したときには必ず開設しなければならないものではありませんが、法人口座を作っておけば何かと便利です…

法人口座にはメリットがたくさん!

起業する際などに法人口座を作成した方が良いという話を聞くが、どんなメリットがあるか分からないと思っている方はいませんか。法人口座を作るメリットは数多くありますが、最大のメリットといえるのが法人口座…

法人口座にデメリットはあるのか?

法人口座の必要性をデメリットから考える!

会社設立後に行うことの一つに法人口座の開設があります。特に個人事業主の場合、法人口座の必要性に疑問を感じる方もいるかもしれません。個人口座を使用しても良いのですが、法人口座がない場合のデメリットをあげてみます。まず、銀行から融資を受ける場合、個人口座では対法人取引と見てくれません。そのため、満足な融資を受けられない可能性があるのです。また、税務署からのチェックが厳しくなる可能性もあります。個人のキャッシュフローと法人としてのキャッシュフローが混在しているため、見方によっては脱税を疑われることがあります。口座の管理をしっかりと行い、どんな指摘を受けても対処できるようにしておけば良いのですが、なかなか骨の折れる業務となります。

事業開始後にもこんなデメリット!

事業を開始すると、取引先が存在することになります。取引先が大手である場合、法人口座がないと取引きを行わない企業が存在します。コンプライアンスに関わりますので、取引きを行うには必須条件となるのです。経理部門が脱税に加担するリスクを回避するため、個人口座への入金を行わない企業もあります。このように円滑な取引きに支障をきたすことも十分考えられるのです。また、会社が大きくなり経理の方を雇った場合、個人的なキャッシュフローが見えるのはお互い気持ちの良いものではありません。会社設立の際、いろいろな手続きがあり一つでも手続きを減らしたいと思うかもしれませんが、このようなデメリットを考えると法人口座は必要と言えるのではないでしょうか。

法人口座の作成について

法人口座は、個人事業主が法人化した際に開設する口座のことで、口座開設をすることにより、個人事業主とは違った社会的信用度の獲得や個人資産との分別を明確にすることができるといったメリットがあります。

金融機関の選び方

信用重視で選ぶなら?

法人口座とは、簡単に言うと口座の名義が法人ということです。通常の口座であれば個人が口座の名義人になりますが、法人口座は名義が会社や団体になります。法人用の口座の必要性を疑問に思われる方もいますが、…

対応重視で選ぶなら?

会社などを設立した場合、必要となるのが法人口座です。お金のやり取り自体は個人口座でも可能ですが、取引先の信頼を得るためには法人口座を使用したほうが有利に働くでしょう。法人口座は都市銀行やネット銀行…

利便性重視で選ぶなら?

ビジネスが忙しくて、法人口座を作るために銀行まで訪れるのが手間だと考える方もいるでしょう。確かに、午前九時から午後三時までしか銀行は営業していないので、職種によっては訪れるのが難しいかもしれません…