法人口座とは?

法人口座の基礎知識について

法人口座は金融で開設する口座の名義が個人ではなく、団体や会社名になっているものを指します。会社を設立したときには必ず開設しなければならないものではありませんが、法人口座を作っておけば何かと便利です。個人の口座と分けることでお金の管理が楽になりますし、個人と法人の義務や権利も分けることが出来ます。税務署の調査を受けるときや確定申告を行うときにも作業が楽になるのです。取引先からの信頼を得ることができ、大きな金額の取引もスムーズに行えます。個人の口座を使っていると自分の資産と会社の資産を混同している印象を与えてしまい、大口の取引などがしにくくなるので法人口座が必要です。金融機関からお金を借りるときにも、個人の口座よりも法人口座の方が融資を受けやすくなります。

法人口座を作るときに必要な書類

法人口座を作るときには本人確認書類や履歴事項全部証明書、会社実印などを提出します。本人確認書類は健康保険証や運転免許証、パスポートや住民基本台帳カードなどが有効です。履歴事項全部証明書は法務局で取得することができ、金融機関の審査で使われます。万が一審査に通過することが出来なかった場合も考えて、数枚用意しておくと安心です。

さらに金融機関によっては、きちんと会社が実在するのか確かめるための書類の提出を求められることがあります。会社の建物が賃貸物件なら賃貸契約書を、会社として承認を受けているのか確かめるためには法人設立届出書のコピーなどを提出します。書類によっては用意するまでに時間が掛かることもあるので、早めに準備しておくことも大切です。