対応重視で選ぶなら?

コストを抑えられるネット銀行

会社などを設立した場合、必要となるのが法人口座です。お金のやり取り自体は個人口座でも可能ですが、取引先の信頼を得るためには法人口座を使用したほうが有利に働くでしょう。法人口座は都市銀行やネット銀行で作ることが出来ますが、それぞれによって対応が違うのでそのあたりをよく調べておく必要があります。ネット銀行は法人口座の月額料金が無料、もしくは低い料金設定になっているのでコストを抑えたい場合にはおすすめです。また、振り込みなども24時間対応しているので利用しやすいでしょう。口座開設もweb上で可能なので店舗に足を運ぶ手間がいりません。しかし、ネット銀行の法人口座には公的機関から受けた融資の返済や社会保険料の引き落としなど、対応していない取引もあるので注意が必要です。

信用度のある都市銀行

都市銀行で法人口座を開く場合には、代表者が必要書類を揃えて口座を作りたい銀行に足を運ぶ必要があります。その後、口座開設の審査を受けるため実際に法人口座が出来るのは1~2週間後です。もちろんこれはスムーズにいった場合なので、書類の不備などがあった場合にはさらに時間がかかることもあります。ネット銀行に比べると審査が厳しく時間がかかる都市銀行ですが、その代わり信頼度は高く取引先に与える印象も良いでしょう。公的機関との取引にも対応しているので、事業を展開していくのなら都市銀行で法人口座を作っておくことをおすすめします。注意点としては、口座を開いているだけで月額利用料がかかる場合があるので覚えておくようにしましょう。