信用重視で選ぶなら?

本当に必要?法人口座とは?

法人口座とは、簡単に言うと口座の名義が法人ということです。通常の口座であれば個人が口座の名義人になりますが、法人口座は名義が会社や団体になります。法人用の口座の必要性を疑問に思われる方もいますが、結論から言うと企業にとって法人口座は必要になります。取引先とのお金のやり取りは、銀行口座を介して行うため口座が不可欠です。個人の口座を会社設立後そのまま使用することも可能ですが、取引先の口座が個人名義というのは信頼性にかけますし、もともと個人名義の口座との取引を行わない決まりの企業もあります。法人口座は個人名義の口座とは所得税などの計算も異なるので、業務をスムーズに進めていくためにも法人口座を作りましょう。

法人口座を信用重視で選ぶなら?

法人口座の選び方のポイントとしては、どれくらいの信頼性がある金融機関なのかという点です。最も信頼性が高いと考えられる金融機関はメガバンクとも呼ばれる都市型銀行です。大手銀行でネームバリューがあるため、他の金融機関よりも認知度が高く信頼性の高さに繋がっています。日本全国各地だけではなく世界に支店を持つ銀行も多く、そのネットワークの強さも信頼を得ている理由の一つです。信用が高く大手のため、高額な融資に対しても対応することが可能です。都市型銀行で法人口座を開設できれば、それだけで自社の信用度を上げることができます。ただし、それだけのメリットがある反面、法人口座開設の審査が厳しいため、どの企業でも口座を開設できるとは限りません。